目指せ和洋館。 

和服好きの管理人が綴る、注文住宅の備忘録。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 建築中のあれやこれや

畳の敷き方 

2016/01/21 Thu.

room_washitsu.png


また和室かよ!

と三村さんバリのツッコミを頂きそうですが

書(描)きます (笑)



なんで書こうかと思ったのかというと

先日モデルルームに行きまして

・・・照明とか壁紙の参考に・・・^^;

数軒お邪魔したのですが、そのうちの一軒で

オリジナル畳の丈夫さについてご説明を頂いたんですね

かなりの年数が経っているのだけれど、ほとんどダメージがない というような



で、思わず

「 あぁ、だから入り口がここに設定されてるんですねー 」

って言ったんです

こういう間取りでした↓
床の間入り口2


この敷き方ならば一般的に

床の間入り口

入り口はこうなります↑

こうすると、目に沿って入れるので

畳をすらずに長持ちします



そこを敢えて畳の丈夫さをアピールするために

入り口をずらして設計したのだと思ったんです



しかし返答は

「 あ、いえ・・・あ、床の間があの位置なので・・・ 」


床の間に対して縁( へり )が垂直に入ってしまうと

『 床差し 』 となりあまり良くない敷き方とされています

つまりそうならないように敷いてありますと言うことなのですが・・・

そうだとしても、入り口はここじゃなくても良くない??
( ・ω・)?


間取り的には入り口が左にあっても大丈夫そうだったのに

設計段階で気付かなかったのかなぁ と思いました



わたしが子供のころ住んでいた古い家も、3箇所に入り口があったため

ひとつの畳がケバケバになっていたところがありました

それはそういう間取りにしかならなかったからだと思います




間取り的に無理があるから

自分たちの生活動線を考えると出来ないから

そんなこと構ってられないし!

って理由なら別に良いと思うんです


それがベストな訳ですから

人それぞれです





だけどそこはモデルルーム

いかようにでも出来たんじゃないかい?

と思ってしまったわけです




で、実は我が家も一度 和室の畳が気になって

間取りを変えて頂いたことがあります


※ここから不祝儀の敷き方について書きます

『 自分家がそうだったら気になるからヤダ! 』 という場合は見ないでください^^;

滅多に無いとは思うんですけど、モデルルームの一件もあるので・・・



house_reform.png







和室の間取りが7.5畳になったことがあります

さらに畳コーナーをおじいちゃんが希望して

それが3畳分図面に載っていたのもこの時期です



何が気になったかというと コレ↓
不祝儀敷き

4畳半の巴敷きに 隣接した3畳 検死の間


もちろん7畳半を わざわざこんな敷き方にはしないでしょうけど

知っちゃってると どうしても・・・orz

しかも3畳の畳コーナーは完全にこのままの敷き方だったので・・・

そこに掘炬燵が欲しいというおじいちゃんのリクエストに応えた結果

並べるしかなかったからと推測します




んで 「 畳の数と敷き方が気になります 」 とイチャモン 説明をして現在の6畳に落ち着きました



因みに 4畳半ならこれがベスト
4半
真ん中に半畳あるのは同じですが

時計回りになっています これが通常の敷き方です




3畳ならこちらがベスト
3



8畳だとこんな感じ
 羨ましいですねぇ
8



ご覧の通り、通常は縁が 『 T 字 』 になるように並べられます

不祝儀になると四つ角が集まった 『 十 字 』 が出来るようにに敷かれました

現在では大広間やお寺などに見られるようですよ

6畳で描くとこんな感じ
不祝儀敷き6




昔はお葬式等の時に、わざわざ敷き変えていたんだそうです

今は無理ですよねー

でもそういうことをしていた日本人ってすごいなぁって思います





せっかくここまで読んでくださったので

時代劇でそう言うシーンがあったら

畳をチェックしてみてくださいねー (笑)











歴史 特に江戸時代好きな方、ポチしてくれると嬉しいです^^*



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ 和風インテリアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

しぃちゃーん!!

和室かよ!!の入りに、思わずププっと!笑笑!

和室の畳〜〜!へーっ、ほーっと、読ませていただきました!勉強になった、けど、すぐ忘れそう。。。おーい!笑!

日本のしきたりって、ほんまに奥が深いんだなぁ〜〜。
畳も、行事で移動するとか。。。

けど、確かに大広間の畳は横並び?縦並びになっていたのを思い出した〜〜!

旅館とか、そうなってる!!うんうん!

MIKI #- | URL | 2016/01/22 21:35 - edit

Re: MIKIさん

ここ最近、和室の話題ばっかりなんで^^;

畳の敷き方は、これから造るとかじゃないと
なかなか考える機会はないですよね~

そうそう旅館の大広間なんかは
並んで敷かれてることが多いですよね☆

袋だけじゃなくて畳にも祝儀、不祝儀があって
更に言えば、袱紗や包装紙にも包み方がありますから
日本の奥ゆかしさを現してますよねぇ

しぃ #- | URL | 2016/01/23 09:13 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mayukago.blog.fc2.com/tb.php/103-e255c231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。